薬剤師としてのキャリアの棚卸

 

どんなに求人案件を豊富に抱えているキャリアコンサルタントでも助けてくれないことがあります。

 

それは、自分の薬剤師としてのキャリアをまとめ、上手に伝えるまでの情報整理です。

 

薬剤師に特化した転職コンサルタントを利用する場合でも、自力で薬剤師募集に応募する場合でも、薬剤師としてのキャリアを棚卸してから履歴書や職務経歴書の作成に当たることが、転職活動の鉄則です。忙しいかもしれませんが、時間を作って少しずつこの作業をしていきましょう。

 

棚卸の意味とは、実際に店舗で仕事をしたことのある方なら体験したことがあると思いますが、在庫の数を包み隠さず洗い出し、報告する作業です。

 

この時に包み隠さず洗い出さないと、将来的に情報に食い違いが生じ、お店の営業が立ち行かなくなる可能性にも繋がるので、棚卸とはとても重要な作業です。これを自分のキャリアにも行うということです。

 

自分のキャリアを上手に採用側にアピールしたいのであれば、まずはそのために豊富な情報をこちらで準備しておく必要があり、それがアピールを成功させるための大きな秘訣です。採用側にアピールすることには練習や技術が必要だと思われている方がほとんどで、それを苦手だと感じる方も多いことでしょう。

 

しかし、そうではありません。じつは、握っている情報量が多ければ、自然と相手に伝える内容も増え、それがそのまま上手なアピールになるのが事実です。

 

自分のいい面も悪い面も冷静に書き出せるからこそ、いい面を上手にアピールしながら、本当の自分を知ってもらえるチャンスにも繋がるといいですね。

 

関連ページ

職場に希望することをすべて書き出そう
次の職場に希望することをすべて書き出きだすことから始めます。
新しくチャレンジしてみたいことを書き出そう
次におすすめしたいのが、新しくチャレンジしてみたいことを書き出す作業です。
理想の働き方を書き出そう
次に、理想の働き方を書き出してみましょう。
薬剤師募集の求人内容をチェックしてみよう
さて、ここまでリストアップしてみてから、じっくりと薬剤師募集の案件を見てみるとよいでしょう。
薬剤師としての新しい働き方を探ろう
リストアップした内容も磨き終わる頃には、薬剤師としての新しい働き方への可能性も開けてくるのではないかと思います。
薬剤師募集の案件を持つ転職会社を探そう
薬剤師として就職先を探す時、インターネットで求人を探すのはもはや当然のこととなりました。
就職時期の目標を持とう
薬剤師として就業したい方は、具体的にいつ頃までには就職していたいか?という目標を明確に持っておくと活動も的確に行えて、就業する確率も高まるようです。
薬剤師として働くために家族とも話し合おう
家族と暮らしている環境で薬剤師として働く場合、自分だけがよければいい、という働き方はなかなかできないと思います。
知り合いの薬剤師にも相談しよう
薬剤師の知り合いがいるのであれば、転職を決めた時、迷った時などに相談相手になってもらうのも一つのアイディアだと思います。