知り合いの薬剤師にも相談しよう

 

薬剤師の知り合いがいるのであれば、転職を決めた時、迷った時などに相談相手になってもらうのも一つのアイディアだと思います。

 

自分の薬剤師としての働きぶりを知っている人なら自分の特徴を客観的に教えてくれる貴重な相談役になりますし、知らない人でも経験豊富な人であればキャリア構築の実践的な指南をしてくれます。また、転職活動の最中の不安を理解してくれるのは、実際に薬剤師として働く人たちならではとも言えることでしょう。

 

また、自分とは異なる働き方をしている薬剤師や、自分の経験したことのある勤務先の特徴とは異なる場所での経験を知っている薬剤師であれば、今後の転職候補先として興味を持っている環境の情報収集をすることにもつながります。

 

たとえば、これまで病院勤務だった薬剤師がドラッグストアでのパート職への転職を考えている場合、実際に働いてみたことのある人だからこそわかるメリットやデメリット、病院勤務の人が活かせる経験や苦労するかもしれない点など、採用者は教えてくれない情報を教えてくれる可能性があります。

 

インターネットでいろいろな情報を集めることも大切ですし、インターネットだからこそ得られる情報もたくさんありますが、自分の知り合いと話をする中で得られる情報も同じくらい貴重です。

 

転職活動に生かせることはもちろんのこと、人脈を育てたり、これから働き続ける中で家族にはなりたくてもなれない理解者としての役割を担ってくる存在とも言えるのではないでしょうか。ご縁を大切にしたいものですね。

 

関連ページ

職場に希望することをすべて書き出そう
次の職場に希望することをすべて書き出きだすことから始めます。
薬剤師としてのキャリアの棚卸
薬剤師としてのキャリアの棚卸について説明します。
新しくチャレンジしてみたいことを書き出そう
次におすすめしたいのが、新しくチャレンジしてみたいことを書き出す作業です。
理想の働き方を書き出そう
次に、理想の働き方を書き出してみましょう。
薬剤師募集の求人内容をチェックしてみよう
さて、ここまでリストアップしてみてから、じっくりと薬剤師募集の案件を見てみるとよいでしょう。
薬剤師としての新しい働き方を探ろう
リストアップした内容も磨き終わる頃には、薬剤師としての新しい働き方への可能性も開けてくるのではないかと思います。
薬剤師募集の案件を持つ転職会社を探そう
薬剤師として就職先を探す時、インターネットで求人を探すのはもはや当然のこととなりました。
就職時期の目標を持とう
薬剤師として就業したい方は、具体的にいつ頃までには就職していたいか?という目標を明確に持っておくと活動も的確に行えて、就業する確率も高まるようです。
薬剤師として働くために家族とも話し合おう
家族と暮らしている環境で薬剤師として働く場合、自分だけがよければいい、という働き方はなかなかできないと思います。