MRから薬剤師への転職の場合

 

MRとして勤務していた方が、薬剤師へと転職するケースも少なくありません。

 

このような方々の背景はさまざまで、一概に同じ特徴があるとは言えませんが、MRの方々が薬剤師として働く際、大きなアピールポイントとなるのは医師とのコミュニケーションを上手に取れる、周りの状況を冷静に把握しながら仕事を進められる、といったことではないかと思います。

 

MR職は比較的年収も高く、薬剤師への転職で年収が下がることがほとんどではないかと思います。それでも薬剤師として働きたいと考える方にはいろいろな事情や希望があるようです。

 

たとえば、長くMRとして働いた後、結婚して子育てでブランクがある方の場合、激務だったMRへと戻る自信がなく、それよりも直接患者さんとコミュニケーションを取りながら、自分の知識と経験を生かしたいと考える方もいらっしゃいます。

 

他にも、MRとして病院へ出入りする機会を通じ、病院の中で仕事がしたいと思うようになり、薬剤師を目指す方もいます。

 

基本的に、MRという職歴を生かしながら薬剤師として働けるよう、総合病院の薬剤師を目指す方々が多いのも特徴と言えますが、定年を過ぎてからの再就職など、就業が難しい場合は理解の得られそうな街の調剤薬局などを中心にアプローチすることが多いようです。

 

いずれの場合も薬剤師としての経験がないと見なされるため、研修や教育、ほかの従業員による未経験者の理解など、フォロー体制が整っている環境が望ましいでしょう。

 

関連ページ

キャリアプランを立てよう
キャリアプランを立てることは今後の転職活動に役立ちます。
勤務薬剤師として働きたい人のコツ
勤務薬剤師として働きたい人のコツについて説明します。
パート薬剤師として働きたい人のコツ
パート薬剤師として働きたい人のコツについて説明します。
薬剤師としてのブランクが長い場合
薬剤師としてのブランクが長い場合について説明します。
薬剤師未経験者の応募
薬剤師未経験者の応募について説明します。
薬学部学生の応募
薬学部学生の応募について説明します。