薬学部学生の応募は?

 

薬学部の学生が、将来薬剤師として働く前にアルバイトなどで実際の仕事を体験してみたいと考える方もいると思います。実際に可能なのかと言うと、薬剤師として勤務することは基本的にはできません。

 

なぜなら資格をまだ取得していないためです。しかし、薬剤師が実際にどのような仕事をするのかを間近で見る機会を得るためには、いくつかの方法が考えられます。

 

それは、病院などが用意しているインターン研修、またはドラッグストアでのアルバイトなどです。他にも、調剤薬局が薬剤師以外の職種を募集している場合もあり、学生が応募できるのであれば薬剤師の仕事を近くで見るチャンスとなります。

 

薬剤師としての仕事を自分が実際に体験できなくても、調剤薬局や総合病院、ドラッグストアといった場所が実際にどんな環境なのかを知るためには、かならずしも薬剤師として働く必要は無いと言えるでしょう。

 

むしろ、学生にとっては薬剤師どころか、働くということについて未経験であるということが重要なポイントです。薬剤師として働かなくても、その前にアルバイトを通じて学べることはたくさんあります。

 

社会人としての人との関わり方、お客さんとの接し方、言葉遣い、身だしなみ、実務で大切な慎重さとスピードと正確さのバランスなど、学生にはまだまだ難しいと思われるテーマがいくつも出てくると思います。

 

そんな中、本当に薬剤師として働きたいと考えている人であれば、薬局で働くことはもちろんのこと、その他の環境でも将来薬剤師として働く時に役立ちそうな技術が身に付く仕事を今から始めてプチ修行するのも名案だと言えると思います。就活の大きなアピールポイントにもなりますよ。

 

関連ページ

キャリアプランを立てよう
キャリアプランを立てることは今後の転職活動に役立ちます。
勤務薬剤師として働きたい人のコツ
勤務薬剤師として働きたい人のコツについて説明します。
パート薬剤師として働きたい人のコツ
パート薬剤師として働きたい人のコツについて説明します。
MRから薬剤師への転職の場合
MRから薬剤師への転職の場合について説明します。
薬剤師としてのブランクが長い場合
薬剤師としてのブランクが長い場合について説明します。
薬剤師未経験者の応募
薬剤師未経験者の応募について説明します。