薬剤師未経験者の応募は?

 

薬剤師の資格を持っていても、まだ薬剤師として働いたことがない…という方も、諦めずにまずはパート職からでもいいので勤務しながらキャリアという実績を積むことがとても重要です。

 

雇用形態にこだわり過ぎてしまうと、未経験の薬剤師の場合は就業するまでに時間がかかり過ぎてしまうことがあります。実績のない時間が長いほど、パート職への就業ですら難しくなることもありますから、注意が必要です。

 

これは何を意味しているのかと言うと、あまりにも自分の働きたい形にこだわり過ぎるべきではないということです。

 

当然、勤務時間帯などで譲れない部分もあるかもしれませんが、将来的に薬剤師として長く働き続けたい、あるいは結婚するなどして多少のブランクができてもいつかは再就職したいと考えている方の場合、転職の大きな足掛かりになるのは何はなくとも勤務した実績なのです。

 

実際に勤務した中で、自分がどのように薬剤師として働いたかを理解してもらえば、採用の可能性は十分に高まります。また、パート職でも長く勤務しているとフルタイム勤務への登用があることも少なくありません。

 

店舗の一時的な状況で、パート職でしか採用できない、といった経営側の厳しい背景もあることが多い薬剤師の求人ですが、逆を言えば、状況が変われば採用形態も変わる可能性があるとも言えます。

 

はじめからフルタイムで働けなくても、小さな経験を積み重ねることが未経験者にとって必要なことと言えるでしょう。研修体制が整っていなくても、とにかく実務をこなしていけば覚えられることはたくさんあり、また働かなくては得られない人との縁も生まれます。

 

 

 

 

関連ページ

キャリアプランを立てよう
キャリアプランを立てることは今後の転職活動に役立ちます。
勤務薬剤師として働きたい人のコツ
勤務薬剤師として働きたい人のコツについて説明します。
パート薬剤師として働きたい人のコツ
パート薬剤師として働きたい人のコツについて説明します。
MRから薬剤師への転職の場合
MRから薬剤師への転職の場合について説明します。
薬剤師としてのブランクが長い場合
薬剤師としてのブランクが長い場合について説明します。
薬学部学生の応募
薬学部学生の応募について説明します。