薬剤師としてのブランクが長い場合

 

子育ても落ち着き、薬剤師としての仕事をもう一度始めたい方や、定年した後でも働きたいということで再び薬剤師を目指す方など、ブランクがあってもふたたび専門的な仕事に就ける可能性がとても高いのも薬剤師という職業の魅力の一つですよね。

 

また、専門職の中でも、直接患者さんと接しながら薬の専門知識を扱うなど、人の役に立っていることが実感できるのも薬剤師さんとして働く魅力の一つではないかと思います。一方、新しい薬を覚えたり、バックヤードでの事務的業務など、接客以外に必要な専門知識の習得や定型業務も多々あり、働きながら学ばなくてはいけないことも多々あると思います。

 

薬剤師としてのブランクが多い場合、採用する側が特に気にするのがこれらの点です。まだ比較的若い方であれば、新しいことを覚えることにも積極的かつ柔軟なことが多いという認識が一般的であり、そういう意味では年齢が若いほどブランクがあっても採用される可能性は高いと言えます。

 

しかし、定年後の方であっても、若い人よりも積極的に新しいことを学ぶ姿勢や、周りとの連携が取れることをきちんとアピールし、理解してもらえれば、採用される可能性は若い人と変わらないとも言えることでしょう。

 

いずれの場合でも、ブランクが長いことは採用側からは心配の種になることは間違いありません。過去のキャリアアピールも重要ですが、自分が積極的に新しい環境に溶け込みながら、学ぶ姿勢があることをアピールすることがとても重要です。同時に、応募する側としては、フォロー体制の整った、理解のある就業先を見つけることも大変重要となります。

 

関連ページ

キャリアプランを立てよう
キャリアプランを立てることは今後の転職活動に役立ちます。
勤務薬剤師として働きたい人のコツ
勤務薬剤師として働きたい人のコツについて説明します。
パート薬剤師として働きたい人のコツ
パート薬剤師として働きたい人のコツについて説明します。
MRから薬剤師への転職の場合
MRから薬剤師への転職の場合について説明します。
薬剤師未経験者の応募
薬剤師未経験者の応募について説明します。
薬学部学生の応募
薬学部学生の応募について説明します。