勤務薬剤師として働きたい人のコツ

 

フルタイムで正社員の薬剤師として就職したい方は、大手の調剤薬局での薬剤師募集情報をチェックすることが多いと思います。小規模の調剤薬局では比較的求人案件も少なく、タイミングよく募集が出ていることは少ないかもしれません。

 

勤務薬剤師にもいろいろな契約形態があるので、正社員とは限らない可能性もあります。契約社員として、半年に一度の契約更新をしなくてはならないケースもあることでしょう。いずれの場合でも年収は比較的高く、年収も500万円前後になることが多いようです。

 

ただしご存じの通り、パート職などと比べて責任は大きく、勤務時間もシフト制だったりと時間的制限が大きいことが懸念されるかもしれません。一方、じっくりと薬剤師としてのキャリアを積めるため、本格的に薬剤師としてのキャリア構築を考えている方は、まずは勤務薬剤師として採用されることを最初の目標とするのが良いでしょう

 

。パート職から登用されることもありますから、最初から採用されるのが難しい薬局の場合、パートから始めてみるのもおすすめです。

 

なお、将来的なキャリアプランとして考えられるモデルケースとしては、その後管理薬剤師として勤務、さらに先は管理職としての勤務となるのが一般的です。同じ職場で時間をかけてこのようなキャリアアップができるとは限りませんが、転職をきっかけに実現できる方も多いようです。

 

同じ職場なら10年以上かかっていたはずのキャリアアップが、薬剤師募集へのアピールが買われるなどすれば年収アップも夢ではありません。

 

関連ページ

キャリアプランを立てよう
キャリアプランを立てることは今後の転職活動に役立ちます。
パート薬剤師として働きたい人のコツ
パート薬剤師として働きたい人のコツについて説明します。
MRから薬剤師への転職の場合
MRから薬剤師への転職の場合について説明します。
薬剤師としてのブランクが長い場合
薬剤師としてのブランクが長い場合について説明します。
薬剤師未経験者の応募
薬剤師未経験者の応募について説明します。
薬学部学生の応募
薬学部学生の応募について説明します。