パート薬剤師として働きたい人のコツ

 

日常の生活を取り巻く環境には、パートで働く人がたくさんいます。パートという雇用形態の中でも、とりわけ専門的で資格がないと従事できず、また時給が高いことで知られているのが薬剤師です。

 

正社員や契約社員としてフルタイム勤務がしたい方でも、なかなか理想の薬剤師募集案件と出合えず、やむなくパート勤務している方もいるかもしれません。

 

一方、自分の生活スタイルに本当にぴったりなのでパートとして働いている方も多いことでしょう。特に女性の場合、結婚してからも仕事がしやすく、将来子育てなどでブランクができてしまっても再び就職できる強みがあることを念頭に入れて薬剤師を目指した方も少なくないと思います。

 

やむをえずパート職として雇用契約を結んでいる方も、社員登用がある環境であれば大きなチャンスです。急なシフト変更でも柔軟に対応したり、自分だけの強みがあれば、「この人がフルタイムでいてくれたら便利だな」と思ってもらえるチャンスを作りやすいのはパート職なのです。

 

また、正社員に採用されてから「なんかこの薬局、合わない…」なんて失敗をする前にじっくりと薬局を選べるのもパート職ならではですね。

 

どのような背景をかかえているとしても、パート職にはパート職の良さがあります。雇用形態がキャリアプランの障害になることはほとんどないのが薬剤師です。

 

与えられた時間の中で、きちんと薬剤師としての仕事をこなしていくことが、次の転職に備えるために必要なもっとも大切なことだと言えます。胸を張って次の職場でアピールできるポイントがあるか、自分自身の働き方を今一度見直してみましょう。

 

関連ページ

キャリアプランを立てよう
キャリアプランを立てることは今後の転職活動に役立ちます。
勤務薬剤師として働きたい人のコツ
勤務薬剤師として働きたい人のコツについて説明します。
MRから薬剤師への転職の場合
MRから薬剤師への転職の場合について説明します。
薬剤師としてのブランクが長い場合
薬剤師としてのブランクが長い場合について説明します。
薬剤師未経験者の応募
薬剤師未経験者の応募について説明します。
薬学部学生の応募
薬学部学生の応募について説明します。