薬剤師としてのキャリアプランを立てよう

 

薬剤師として働くと一言で言ってもいろいろな働き方がありますよね。実際、病院やストア、調剤薬局で勤務していると、同僚にもいろいろな働き方をしている人やさまざまなキャリアを積んで来た人と出会ったと思います。自分もその一人として、今までとは異なる働き方を目指し、転職をしようと考えている方も多いことでしょう。

 

結婚して生活スタイルが変わった、子育てが落ち着き、働く時間が少しできた、超過勤務でストレスを抱えてしまった、あるいは、これまで比較的ゆったりと働いてきたけれど、ここで本格的にキャリア構築を考えているなど、さまざまな転機を迎えているかもしれません。

 

薬剤師としての仕事の魅力とは、薬を必要とする方々の役に立てる仕事そのものにも当然ありますが、それと同時にパート職の案件や自分の都合に合わせた勤務体系を選べる自由が他の仕事と比べて高いのも魅力の一つですよね。

 

通常、パート職となると仕事の内容にも制限があり、時給も千円以下がほとんどです。資格を持っていないとできない強みがあるのも薬剤師であり、高い時給に憧れていても資格がないために従事できない場合や、似ている仕事ができても時給に大きな差があることがほとんどです。

 

ここで改めて、薬剤師として働くにあたって、自分だけのキャリアプランを立てることをおすすめします。生活環境や暮らしのスタイルがはっきりとしてきた段階で、自分が守りたい生活と育てたい仕事上でのキャリアをバランスよく組み立ててみましょう。

 

パート職で週に数時間しか働けなくても、積み重なればキャリアとなります。実際にその通りにならなくても、キャリアプランを立てることは今後の転職活動に役立ちます。

 

関連ページ

勤務薬剤師として働きたい人のコツ
勤務薬剤師として働きたい人のコツについて説明します。
パート薬剤師として働きたい人のコツ
パート薬剤師として働きたい人のコツについて説明します。
MRから薬剤師への転職の場合
MRから薬剤師への転職の場合について説明します。
薬剤師としてのブランクが長い場合
薬剤師としてのブランクが長い場合について説明します。
薬剤師未経験者の応募
薬剤師未経験者の応募について説明します。
薬学部学生の応募
薬学部学生の応募について説明します。