薬剤師転職に成功するコツ記事一覧

薬剤師として働くと一言で言ってもいろいろな働き方がありますよね。実際、病院やストア、調剤薬局で勤務していると、同僚にもいろいろな働き方をしている人やさまざまなキャリアを積んで来た人と出会ったと思います。自分もその一人として、今までとは異なる働き方を目指し、転職をしようと考えている方も多いことでしょう。結婚して生活スタイルが変わった、子育てが落ち着き、働く時間が少しできた、超過勤務でストレスを抱えて...

フルタイムで正社員の薬剤師として就職したい方は、大手の調剤薬局での薬剤師募集情報をチェックすることが多いと思います。小規模の調剤薬局では比較的求人案件も少なく、タイミングよく募集が出ていることは少ないかもしれません。勤務薬剤師にもいろいろな契約形態があるので、正社員とは限らない可能性もあります。契約社員として、半年に一度の契約更新をしなくてはならないケースもあることでしょう。いずれの場合でも年収は...

日常の生活を取り巻く環境には、パートで働く人がたくさんいます。パートという雇用形態の中でも、とりわけ専門的で資格がないと従事できず、また時給が高いことで知られているのが薬剤師です。正社員や契約社員としてフルタイム勤務がしたい方でも、なかなか理想の薬剤師募集案件と出合えず、やむなくパート勤務している方もいるかもしれません。一方、自分の生活スタイルに本当にぴったりなのでパートとして働いている方も多いこ...

MRとして勤務していた方が、薬剤師へと転職するケースも少なくありません。このような方々の背景はさまざまで、一概に同じ特徴があるとは言えませんが、MRの方々が薬剤師として働く際、大きなアピールポイントとなるのは医師とのコミュニケーションを上手に取れる、周りの状況を冷静に把握しながら仕事を進められる、といったことではないかと思います。MR職は比較的年収も高く、薬剤師への転職で年収が下がることがほとんど...

子育ても落ち着き、薬剤師としての仕事をもう一度始めたい方や、定年した後でも働きたいということで再び薬剤師を目指す方など、ブランクがあってもふたたび専門的な仕事に就ける可能性がとても高いのも薬剤師という職業の魅力の一つですよね。また、専門職の中でも、直接患者さんと接しながら薬の専門知識を扱うなど、人の役に立っていることが実感できるのも薬剤師さんとして働く魅力の一つではないかと思います。一方、新しい薬...

薬剤師の資格を持っていても、まだ薬剤師として働いたことがない…という方も、諦めずにまずはパート職からでもいいので勤務しながらキャリアという実績を積むことがとても重要です。雇用形態にこだわり過ぎてしまうと、未経験の薬剤師の場合は就業するまでに時間がかかり過ぎてしまうことがあります。実績のない時間が長いほど、パート職への就業ですら難しくなることもありますから、注意が必要です。これは何を意味しているのか...

薬学部の学生が、将来薬剤師として働く前にアルバイトなどで実際の仕事を体験してみたいと考える方もいると思います。実際に可能なのかと言うと、薬剤師として勤務することは基本的にはできません。なぜなら資格をまだ取得していないためです。しかし、薬剤師が実際にどのような仕事をするのかを間近で見る機会を得るためには、いくつかの方法が考えられます。それは、病院などが用意しているインターン研修、またはドラッグストア...