変化してきた薬剤師の求人に注意

 
引く手数多の薬剤師の採用が厳しくなってきた

これまでは薬剤師という仕事は超高齢化社会を目前にして、引く手数多の職業であると言われてきましたが、2008年頃から薬学部出の卒業生が増加して来ました。
そして、この頃から希望する病院等に面接や筆記試験等を受けて、容易に内定を取る事は難しくなって来たのです。
つまり薬剤師の数は予想より多くなるので、採用する側の基準も厳しくなってきたという事になります。

 

将来の薬剤師としての自分をイメージし近づける様に努力しよう

今までの転職理由は、何処の業界・業種でもあり得る人間関係の軋轢という問題を筆頭にして仕事量にあった収入を得られるか、あるいは休日を増加して欲しい等の理由が大半を占めていました。
しかしこの業界で生き残る為には、フレッシュではあるが実務経験の無い新人の遥か上を行く、高度なスキルやそれに基づいた経験を身につける為の転職が増えて来たのです。
つまり、5年後10年後どの様な薬剤師になっていたいですかという問に対して、可能な限り早い回答を見つける事が大切になったという事です。

 

上司に独自の改善提案を聞いてもらおう

まずは現在の職場で出来る業務改善等を提案し、実行して貰う様に努力をしてみるのも良い手段といえるかも知れません。
その場合には上司に予め改善提案をしておき、業務改善等にも力をいれましょう。
しかし、スタッフ全員に好意的に受け取られる事は無いかも知れないという事を覚悟しておき、実行に移すべきでしょう。
不安であるなら行動を起こす前に、薬剤師に特化して人材紹介業者の幾つかに登録をしておき転職先の目星を付けておく方が、特にお金のかかる子供がいる家庭では良いでしょう。

 

どうしても聞き入れてくれなければ自分の作った業務改善案を自己PRに繋げよう

上司に時間を割いて貰い、改善提案を説明してみて下さい。
そして、上司がそれは良いアイディアだから実践に移して下さいと言われれば、改善提案をしたという実績になり自信も付くでしょう。
勿論他の薬剤師にも呼び掛け、協力を願い出る事も大切です。
耳を貸さない人・上司にPRしても馬耳東風である等の場合は、即座に人材紹介求人会社に登録して、提案事項は採用はされなかったかもしれないが、アピールした内容を中心に自己PRに繋げれば大きなプラス要因になるでしょう。

 

関連ページ

薬剤師の転職を成功させるために
薬剤師は一般企業のサラリーマンなどと比べると転職が多い職業です。
これだけ実践して薬剤師の転職を成功させましょう
薬剤師の転職を成功させるためには、いったいどのようなことをすればいいのでしょうか。
薬剤師の転職支援サイトを活用するなら
薬剤師の転職は、普通の職業と違いさまざまな条件が考えられます。
薬剤師の募集情報を集めましょう
薬剤師の資格を持っていれば、活躍できる場所はたくさんあります。
CRAの転職先としての可能性
薬剤師の需要は教育課程が4年制から6年制に代わった際に起きた2年間の新卒薬剤師のブランクがあったこともあって非常に高まっています。
薬剤師の就職、転職を成功させるために
収入に波がなく安定している、肉体的にハードな作業が無く女性でも働きやすいと働く上でのメリットが多彩な薬剤師です
転職支援サイトのサポートを受けながら薬剤師の求人を探す
薬剤師の求人もは、インターネットで探すことが可能です。
薬剤師の求人には大きな夢がある
氷河期、という言葉にはある種、冷たく無情な感じを受けます。
薬剤師の転職成功法
しかし実際に働くとなると激務であったり待遇面が悪かったりと、様々な問題もあるのではないでしょうか。