認定薬剤師さんの就職事情・お給料や待遇について

 

薬剤師は国家資格ですが、その中でも薬剤師業務をさらに良質に遂行するために自身を磨き、一定期間内に定められた単位を取得したことを申請後認定される研修認定薬剤師があります。

 

日々進歩する医療の需要に追いつき、常に学習し、ニーズを追い求めていくこと、専門知識を深めていくことが求められています。

 

そんな認定薬剤師は現在どんな働き方、待遇を受けているのでしょうか、見てみましょう。

 

認定薬剤師の求人

 

認定薬剤師の資格を取得し、いざ求人を探そうとした場合、やはり薬剤師の求人に特化した薬剤師募集サイトを利用するのがいいでしょう。

 

実際に認定薬剤師の求人がどのくらいあるのかと言うと、北は北海道から南は沖縄まで全国各地3000件近い求人が大手薬剤師求人情報サイトに寄せられています。

 

これは一部の求人情報サイトのデータに過ぎませんから、他の薬剤師求人情報サイトを探せばまだまだたくさんの求人を探すことができるでしょう。

 

それだけ今は認定薬剤師の専門知識と高いスキルが求められている、ということなのです。

 

維パン的な薬剤師と違い、きちんと研修を受けて単位を取得した認定薬剤師の需要は高く、患者さんからも薬剤師としての専門知識とスキルを求められる時代です。

 

移り行く時代とニーズにこたえられる人材ということで、認定薬剤師は今求められていると言ってもいいでしょう。

 

実際の給料や待遇

 

認定薬剤師の給料はどのくらいかというと、基本給だけで見れば実は薬剤師とそれほど変わりありません。

 

薬剤師の平均年収は533万円、平均月収は37万円と言われており、年間ボーナスは88万円が平均だと言われています。

 

ただし、認定薬剤師は薬剤師の一歩上を行く資格であることには変わりありませんので、勤務先によっては資格手当てがより多くもらえる場合があります。

 

薬剤師も国家資格ですからほとんどの職場では資格手当が支給されるのですが、認定薬剤師のほうが薬剤師よりも多くもらえる可能性が高いということです。

 

勤務先別に見てみると製薬会社がもっとも多く、続いて病院となりますので、認定薬剤師の活躍の場が大きい病院で勤務する場合は収入もそれなりに多いと言えるでしょう。

 

待遇について見てみると、これは企業によって異なるとしか言いようがありません。

 

ある企業は土日祝日休み、ある企業は平日を含む週休2日制など、待遇は異なります。

 

また勤務時間も朝早くから夕方までと言う場合や、2交代制と言う場合など様々ですから、あなたの希望条件に合わせて求人を探すといいでしょう。

 

薬剤師募集サイトであれば、あなたの条件に合った認定薬剤師の求人を見つけることが可能ですから、頼ってみてください。

 

関連ページ

薬剤師募集サイトは複数登録した方がお得?複数登録のメリット・デメリット
近年は無料で転職支援をしてくれる薬剤師専門の転職サイトを利用する人が増えていますが、実際の利用の仕方を知っておくと良いでしょう。基本的にお金がかからないので複数の転職サイトに登録したほうがよいのか?それとも一つの会社に絞り込んで就職先を探したほうがよいのか?それぞれのメリットとデメリットについてまとめてみました。
一般企業で薬剤師として働くにはどんな場所がある?
薬剤師は薬局や病院以外にも実は就職先が結構あります。では医療機関ではなく一般企業で働く場合、薬剤師の就職先はどのような会社があるのでしょうか?製薬会社やドラッグストアなどありますが、その他にも一般企業として働ける場所をピックアップしてみました。
薬剤師さんのアルバイト・パートにはどんな場所で働ける?
薬剤師は国家資格のため正社員や契約社員ではなくパートやアルバイトでも働く場所があります。子育てや介護をしている方・また事情があってフルタイムで働けない方が薬剤師として働く場合どのような場所で働けるのか?ここでは薬剤師のアルバイト・パート事情を詳しく求めてみました。
管理薬剤師さんは就職先が多い?主なお仕事内容と転職事情
薬剤師の中でも管理薬剤師になると一般の薬剤師をまとめる管理職・また責任者として働くことが多いです。実際に管理薬剤師として就職を考えたり、就職をしようと考えた場合に、求人案件はたくさんあると思いますか?ここでは管理薬剤師の転職事情として知っておきたい情報をまとめて掲載しています。