薬剤師さんのアルバイト・パートにはどんな場所で働ける?

 

薬剤師の働き方は様々で、正社員や契約社員だけではなく、アルバイト、パートと言う働き方もあります。

 

小さなお子さんを抱えながら、あるいは親の介護をしながら働く方には嬉しい働き方なのですが、どんな場所でアルバイト・パーとの薬剤師を募集しているのでしょうか。

 

ドラッグストアが多い

 

アルバイト、パートの薬剤医師の募集が最も多いのはドラッグストアで、全国規模のチェーンドラッグストアから地域密着型のドラッグストアまで様々です。

 

しかし、アルバイト・パートだからと言って正社員と差があるのかと言うとそうではなく、仕事内容は調剤、服薬指導、薬歴管理などになります。

 

アルバイト・パートの場合は薬剤師の免許を持っていれば調剤の経験がないという方でも可という場合が多く、また時給制で勤務時間と勤務日数は相談に応じてくれるところが多くなります。

 

時給は2000円前後が多く、経験や年齢、能力によって変わることもあるようですし、中には正社員への引き上げ制度を行っているところもあります。

 

週4日の勤務や時短勤務も可能となっていますので、子供が小さい方や家の仕事もあると言う方にとって非常に働きやすい環境が整っていると言えるでしょう。

 

調剤薬局もあります

 

調剤薬局でアルバイト・パートの薬剤師を募集していることもあり、科目は近くにある病院の科目によって変わります。

 

仕事内容は調剤、薬歴管理、服薬指導がメインとなっていますが、毎日たくさんの処方箋を取り扱うため薬に対する責任感は正社員と変わりないと考えていいでしょう。

 

調剤未経験者やブランクがあると言う方でも勤めることができ、時給は2000円前後というところが多くなっていますが、ドラッグストアよりは若干低めのようです。

 

また福利厚生がしっかりしているところが多く、アルバイト、パートであっても社会保険や雇用保険、厚生年金などを受けることができます。

 

さらにアルバイト、パートでも資格手当てを支給しているところがありますので、興味のある方は問い合わせてみるといいでしょう。

 

アルバイト、パートの場合は時短勤務が可能となっていますので、子育てが落ち着いて数年ぶりに働きたいと言う方にも向いています。

 

こうした薬剤師のアルバイト・パートの求人は、転職支援サイトにも多数用意されていますので、利用してみるといいでしょう。

 

多いのはドラッグストアや調剤薬局の求人ですが、中には病因やクリニックでの募集、学術、管理薬剤師としての募集などもありますので、希望する職種がある場合は問い合わせてみるのも一つの方法です。

 

関連ページ

薬剤師募集サイトは複数登録した方がお得?複数登録のメリット・デメリット
近年は無料で転職支援をしてくれる薬剤師専門の転職サイトを利用する人が増えていますが、実際の利用の仕方を知っておくと良いでしょう。基本的にお金がかからないので複数の転職サイトに登録したほうがよいのか?それとも一つの会社に絞り込んで就職先を探したほうがよいのか?それぞれのメリットとデメリットについてまとめてみました。
一般企業で薬剤師として働くにはどんな場所がある?
薬剤師は薬局や病院以外にも実は就職先が結構あります。では医療機関ではなく一般企業で働く場合、薬剤師の就職先はどのような会社があるのでしょうか?製薬会社やドラッグストアなどありますが、その他にも一般企業として働ける場所をピックアップしてみました。
認定薬剤師の就職事情・お給料や待遇について
薬剤師としても複数の資格がありまずが、その中で認定薬剤師という資格があります。ここでは認定薬剤師の求人の様子や待遇状況・またお給料事情や就職に関する内容まで認定看護師に関する知っておきたい情報をピックアップしてまとめてみました。
管理薬剤師さんは就職先が多い?主なお仕事内容と転職事情
薬剤師の中でも管理薬剤師になると一般の薬剤師をまとめる管理職・また責任者として働くことが多いです。実際に管理薬剤師として就職を考えたり、就職をしようと考えた場合に、求人案件はたくさんあると思いますか?ここでは管理薬剤師の転職事情として知っておきたい情報をまとめて掲載しています。