管理薬剤師さんは就職先が多い?主なお仕事内容と転職事情

 

薬事法にのっとって、薬局、店舗などの責任者となるのが管理薬剤師であり、店舗などの管理監督を主な業務としています。

 

他の薬剤師をまとめあげる非常に責任の重い立場となるのですが、転職事情や仕事内容を詳しく見てみましょう。

 

管理薬剤師の仕事とは

 

管理薬剤師の仕事は大きく2つに分けられます。

 

管理薬剤師を除く薬剤師やそれ以外の従業員の業務が適切に行われているかどうかを監督し、薬剤師としての知識を必要とする事例などで他の従業員が対応できない場合に代わりに対応するという従業員を監督する仕事。

 

店舗内の医薬品や物品管理、医薬品と他の物品を区別すること、医薬品などが悪くならないよう保管すること、設備の不備などを改善すること、不良品などを見つけて処分する医薬品などの管理が主な仕事となります。

 

いずれも薬事法や厚生労働省から通達されている管理薬剤師の仕事であり、薬局や医薬品を扱うところでは必ず1人以上置かなければなりません。

 

他にも購入する人の顔色などから医薬品が適切なものかどうか判断したり、服薬指導や情報提供を行います。

 

また苦情、副作用の報告への対応や医療機関受診の案内、さらに患者のアフターケアも管理薬剤師としての仕事となります。

 

さらに情報の入手と活用、提供の体制を整え、緊急安全情報などの情報を集めること、副作用情報などを厚生労働省へ報告することも義務付けられています。

 

管理薬剤師の転職事情

 

非常に仕事内容が多い管理薬剤師ですが需要は非常に多く、ある大手薬剤師転職支援サイトでは3500件もの求人が寄せられています。

 

今まで一般的な薬剤師として働いてきた方がキャリアアップのために専門薬剤師ではなく管理薬剤師の道を選ぶことも多く、今の職場でそのキャリアアップが望めないと判断したときに転職することを考えるようです。

 

実際の求人を見てみると収入は年収550〜600万円程度と一般の薬剤師よりも高く、休日も他の薬剤師同様とれることが多いです。

 

中には800万円以上の年収が見込める求人もあり、非常にやりがいがあると言えるでしょう。

 

また管理薬剤師は全体を管理する役割にありますので、残業が多いと言うこともあります。

 

ですがスキルアップやキャリアアップとして選ぶにはぴったりの職種ですから、自分をもっと高めたい、薬剤師としてもっと薬の専門知識を身につけ患者さんと接したいと言う方にはお勧めです。

 

管理薬剤師としての転職を考えていると言う方は、管理薬剤師の求人を多く抱える転職支援サイトを活用して見るといいでしょう。

 

関連ページ

薬剤師募集サイトは複数登録した方がお得?複数登録のメリット・デメリット
近年は無料で転職支援をしてくれる薬剤師専門の転職サイトを利用する人が増えていますが、実際の利用の仕方を知っておくと良いでしょう。基本的にお金がかからないので複数の転職サイトに登録したほうがよいのか?それとも一つの会社に絞り込んで就職先を探したほうがよいのか?それぞれのメリットとデメリットについてまとめてみました。
一般企業で薬剤師として働くにはどんな場所がある?
薬剤師は薬局や病院以外にも実は就職先が結構あります。では医療機関ではなく一般企業で働く場合、薬剤師の就職先はどのような会社があるのでしょうか?製薬会社やドラッグストアなどありますが、その他にも一般企業として働ける場所をピックアップしてみました。
薬剤師さんのアルバイト・パートにはどんな場所で働ける?
薬剤師は国家資格のため正社員や契約社員ではなくパートやアルバイトでも働く場所があります。子育てや介護をしている方・また事情があってフルタイムで働けない方が薬剤師として働く場合どのような場所で働けるのか?ここでは薬剤師のアルバイト・パート事情を詳しく求めてみました。
認定薬剤師の就職事情・お給料や待遇について
薬剤師としても複数の資格がありまずが、その中で認定薬剤師という資格があります。ここでは認定薬剤師の求人の様子や待遇状況・またお給料事情や就職に関する内容まで認定看護師に関する知っておきたい情報をピックアップしてまとめてみました。