一般企業で薬剤師として働くにはどんな場所がある?

 

薬剤師の活躍の場は広がっており、病院や調剤薬局だけにとどまらず、一般企業でも薬剤師が活躍しています。

 

しかし一般企業の薬剤師と聞いてもピンと来ない方もいるでしょうし、どんな仕事をするのか疑問に思う方もいるでしょう。

 

では一般企業で働く薬剤師はどんな場所でどのような仕事をしているのでしょうか。

 

最も多いのは製薬会社

 

薬剤師の一般企業での就職先として最も多いのは製薬会社で、人気も高い就職先の一つとなっています。

 

実に薬剤師の資格を持つ人の15%が製薬会社で働いているとも言われているのですが、薬剤師の製薬会社での仕事としては、新薬を開発、製造すること、さらに販売することまで幅広くなっています。

 

研究職、開発食、MRの3つの職種に分けられることが多いのですが、研究職は新薬の開発を行うのが主な仕事です。

 

病気を治すためのメカニズムを研究したり、新薬を開発するための研究や非臨床実験、技術研究などを粉って行きます。

 

開発職は研究職からあげられた化合物の臨床試験の統括と担当になります。

 

実際に研究段階である薬を人に与えて安全性、効果などを見て分析、評価していくことを仕事としています。

 

この臨床試験がなければ新薬は厚生労働省に認可してもらうことができず、さらに臨床試験は治験実施計画書を作成した上で大学病院などに協力を依頼する必要があります。

 

そのため医師や看護師とのコミュニケーション能力も必要とされる仕事となっています。

 

MRは医師、薬剤師に対し開発した医薬品の品質、効果、安全性などの情報を提供します。

 

人によってはMRはノルマが厳しいなどというイメージを持っていますが、患者の安全のために医薬品の情報を提供し、適切な使用をしてもらうためにある仕事です。

 

ドラッグストアでの勤務

 

薬剤師が最近活躍の場を広げているのがドラッグストアなのですが、これは医薬品を販売する場合は必ず薬剤師を置かなければならないという規程に基づくものです。

 

ドラッグストアと言っても全国展開するような大手企業から、地域密着型の小さな企業までそろっており、自分に合った求人を探すことができるのが特徴となっています。

 

ドラッグストアでは来客対応が主な仕事ですが、管理薬剤師もおり、医薬品の管理や設置などを行うことが仕事となります。

 

ドラッグストアの場合は比較的休日や仕事時間が安定しており、パート勤務したいという方にも向いています。

 

またなかには食事指導を勉強できたり、社内研修を受けて認定薬剤師の資格を取得できる場合もありますので、一般企業での薬剤師を目指したいと言う方は転職支援サイトなどを活用してみてください。

 

関連ページ

薬剤師募集サイトは複数登録した方がお得?複数登録のメリット・デメリット
近年は無料で転職支援をしてくれる薬剤師専門の転職サイトを利用する人が増えていますが、実際の利用の仕方を知っておくと良いでしょう。基本的にお金がかからないので複数の転職サイトに登録したほうがよいのか?それとも一つの会社に絞り込んで就職先を探したほうがよいのか?それぞれのメリットとデメリットについてまとめてみました。
薬剤師さんのアルバイト・パートにはどんな場所で働ける?
薬剤師は国家資格のため正社員や契約社員ではなくパートやアルバイトでも働く場所があります。子育てや介護をしている方・また事情があってフルタイムで働けない方が薬剤師として働く場合どのような場所で働けるのか?ここでは薬剤師のアルバイト・パート事情を詳しく求めてみました。
認定薬剤師の就職事情・お給料や待遇について
薬剤師としても複数の資格がありまずが、その中で認定薬剤師という資格があります。ここでは認定薬剤師の求人の様子や待遇状況・またお給料事情や就職に関する内容まで認定看護師に関する知っておきたい情報をピックアップしてまとめてみました。
管理薬剤師さんは就職先が多い?主なお仕事内容と転職事情
薬剤師の中でも管理薬剤師になると一般の薬剤師をまとめる管理職・また責任者として働くことが多いです。実際に管理薬剤師として就職を考えたり、就職をしようと考えた場合に、求人案件はたくさんあると思いますか?ここでは管理薬剤師の転職事情として知っておきたい情報をまとめて掲載しています。