薬剤師として長く働くために大切なこと

 

自分にとって良い職場環境を探すために役立つ情報をこれまでお届けしてきました。

 

自分のキャリアの棚卸や自分の働きたい理想の職場と現実とのバランス修正をどのように行っていけばよいのかをこれまでのトピックでご紹介してみましたが、試していただけたでしょうか。

 

次に、実際に就業した後、自分が薬剤師として職場で長く働いていくために大切なことをお伝えしてみたいと思います。

 

薬剤師として、以前よりも少しだけでも理想的な職場に就けた方でもそうでない方でも、実際に仕事が始まってしまうと前の職場と似たような課題が出てくることが多いと思います。それは薬剤の知識に関することかもしれませんし、患者さんとの関係性かもしれませんし、同僚との関係や実務上の課題かもしれません。

 

いずれの場合もなぜか環境が違っているのに同じ課題が繰り返すような感じがあることが特徴の一つです。こういった課題をクリアできれば、この先も長く勤められるのになぁ、と思う方も少なくないと思います。

 

では、どうしたらクリアできるのでしょうか。それは、自分が変わるということです。先ほどもご紹介しましたが、毎日出勤した日の朝礼や、ランチを取った後の午後の勤務など、時間の始まりをきっかけにしながら常に新しい自分として仕事を行っていく新鮮さを忘れずに職場で仕事をしてみましょう。

 

自分がさわやかであれば、周りからの印象もぐっと変わり、それはかならず自分の働きやすさとして戻ってきます。自分が働きやすい職場環境とは、自分の印象だけで簡単に変えられる可能性があるということを、仕事で悩んだ時に思い出して見て下さいね!

 

関連ページ

薬剤師募集に応募する前に気をつけたいこと
薬剤師募集に応募する前に気をつけたいことを説明します。
応募書類の作成で気をつけたいこと
応募書類の作成で気をつけたいことを説明します。
働き続けられるかもう一度チェック
本当に働き続けられるかもう一度チェックしよう!
身だしなみや話し方は大切
第一印象は重要です。身だしなみや話し方は大切なポイントです。
やりがいのある薬剤師としての働き方
やりがいのある薬剤師としての働き方について説明します。