就職を成功させるための秘訣記事一覧

薬剤師募集へ応募した後、書類審査が通れば採用担当者との面接があります。自分だけでなく採用者にとっても時間を使う作業のため、軽はずみに応募して後日辞退、もしくは日程変更…といった迷惑を掛けないためにも、必要最低限の求人情報に全力をかけて応募するのが望ましいと言えるでしょう。メリハリのある就職活動を行えば、結果を出しやすいことはよく知られていますし、もしだめな場合でもすぐに目標を設定し直して再び挑む、...

就職斡旋会社の転職サービスを利用するのであれば、自分で作成した書類をコーディネーターに見せてチェックしてもらったり、インターネットであらかじめ登録しておいた情報をコーディネーターがまとめて書類にしてくれていることもあります。ただ、自分で作成する部分がある場合は、これまでここで紹介して実践していただいてきたリスティングした内容を元に、採用する側が安心してあなたを採用してくれるような書類を作らなくては...

ここまで、紹介してきた内容を参考にしながら自分のキャリアや働き方の希望条件を棚卸できた方なら、求人情報を見つけ出す作業でも、大きなブレはなくなってきていると思います。転職サービスの担当者でなくても、自分一人でもどんな求人情報なら自分と合うかどうかが少しはわかるようになってきているのではないかと思います。そんな中、求人情報に応募する前にかならずチェックしておくとよいのが、今後働き続けられるかどうか?...

ここまでは、薬剤師募集への応募までの道のりについてご紹介してきましたが、ここでは実際の面接や採用担当者、転職サービス担当者との面談の場で気をつけたいことについてお話ししていきたいと思います。それはとても単純なことなのですが、第一印象についてです。薬剤師という職業柄、衛生管理と健康に携わる意識を持っている方なのは当然なのですが、それでもなお(残念なことに)第一印象として人にさわやかな印象を与えられな...

自分にとって良い職場環境を探すために役立つ情報をこれまでお届けしてきました。自分のキャリアの棚卸や自分の働きたい理想の職場と現実とのバランス修正をどのように行っていけばよいのかをこれまでのトピックでご紹介してみましたが、試していただけたでしょうか。次に、実際に就業した後、自分が薬剤師として職場で長く働いていくために大切なことをお伝えしてみたいと思います。薬剤師として、以前よりも少しだけでも理想的な...

どんなに薬剤師として頑張りたいと思っていても、仕事以外の問題や職場でのトラブルでそれが難しく感じる時もこれから訪れるかもしれません。そんなときでも、こつこつと長く働ける職場に恵まれたらいいな、と思っている方も多いことでしょう。頑張りたい時には頑張れて、かといって頑張り過ぎることもなく、なおかつ適度にやりがいも得られるような働き方とは、会社が与えてくれるとは限りません。やはり最初に自分がこんな風に働...